Quantcast
Channel: talの独り言
Viewing all articles
Browse latest Browse all 4918

スピードタヌキ??到着。

0
0
4月24日にポチったスピードタヌキ??が1日に届きましたぁぁ~

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

届いてから色々弄ってみました。
入力方法は、HDMI接続・VGA接続・USBポート・SDカードスロットと
かなり多いです。

電源を入れると・・・

イメージ 4

ん! 思ったより小さな表示です。

こんな感じでメニュー表示になります。

ピントは手動でレンズ部分を回転させてピントを合わせます。

次にPCとこのスピードタヌキをHDMIケーブルで繋いでみました。

文字が読めるかと思い、文字を含んだ画像を表示してみると・・・

イメージ 5

んんん~
文字が潰れて読めないなぁ~

2.5m離れた天井に投影しているのですが、約24インチサイズです。


イメージ 6
重ねて表示してみるの図。

重ねて表示すると投影される大きさが全然違うのが分かります。

右下のWindowsロゴがスピードタヌキです。

同じ2.5mの距離で投影しております。

パナソニックのPJ-SJ25U(USBモデル)では約60インチサイズです。

スピードタヌキで60インチサイズにするには相当距離を離さないと・・・

投影距離が延びると言う事は、画面の明るさも比例して暗くなります。

当方の場合、寝室の天井に投影する目的です。
まぁ見れれば良いかな・・・

次にSDカードに動画を入れて再生してみました。
この機能は大変便利です。

イメージ 9

イメージ 7

なんとか字幕(テロップ)が読み取れます。
漢字は潰れ気味ですが・・・

字幕洋画ではちょっと厳しいかもです。

イメージ 8

バックが白のアニメーションは綺麗に見えます。

意外だったのは、スピードタヌキに内蔵されているスピーカーからの音。

音声がクリアに聞こえるのです。

動画を見る時には必要な要素です。

このスピードタヌキには、リモコンが付いているのですが
リモコン信号の受光部が本体の後ろに着いている為、
設置場所が限られてしまいます。

その他、色々弄って分かった事は・・・

・解像度は、1920x1080をサポートしていると言うよりも
        無理やり表示させている様なので画像の粗さが目立ちます。
 推奨解像度は、1280×720とPCに認識されていました。
 (この解像度でも文字を読み取るのが困難です。)

・USBを利用して再生ができるのは、あくまでUSBストレージのみとなります。
 iPodやiPad・iPhoneなどは認識しません。

総評・・・
とりあえず動画が見れれば良いと言う方向けですね。(画質はアナログ並みです)
PCと繋いでのプレゼンには使用不可です。

価格なりの性能です。

ただ、入力の種類が多いのは魅力です。

ちょっとした集まりでの動画・写真などの簡易再生用かな・・・

あと、冷却用ファンの音が結構煩いです。

近い内に中を見る為、分解しちゃうかもしれません。





Viewing all articles
Browse latest Browse all 4918