Quantcast
Channel: talの独り言
Viewing all articles
Browse latest Browse all 4918

防犯カメラの種類&設置・・・

0
0
長文となりますので興味がある方は読んでくださいね。

防犯カメラの種類や規格は様々で選ぶのも大変。

ですので、防犯カメラの種類・規格などの選択方法を簡単に纏めてみました。

先ず最初は機器選択からです。
防犯カメラの種類は色々あります。

まず、大まかに分けますと・・・

①アナログ(画質が劣る)
②デジタル(高画質)

この2種類です。

そして、デジタル(アナデジ)の種類は・・・

① HD-SDI
② HD-CVI
③ HD-TVI
④ AHD
⑤ IP-Cam

上記の5種類かな・・・

①~④はカメラにエンコーダー、
録画機にデコーダーが搭載されている機器が必要です。
また、それぞれの規格は混在使用はできません。

上記、5種類共に最高でFullHD画質(1920×1080)まで対応します。

価格的には・・・

①~③は高価です。
配線には同軸ケーブル配線が必要です。


④⑤は比較的導入し易い価格で販売されております。
④の配線は従来のアナログカメラ用ケーブルが使用可能です。
(機器の組み合わせにより電源重畳が可能。)

⑤の配線には、LANケーブル配線が必要。(電源重畳が可能)


⑤のIPカメラにも種類(規格)があります。
通常の規格のIPカメラには24時間365日稼働のPCが必要になります。

もう一つのIPカメラ規格では、ONVIF規格の機器があります。
こちらの規格の物にはONVIF対応の専用レコーダーを使用する事ができます。
(PCは不要。)


当方は、主にAHDカメラを付けています。

ヤフオクでAHD機器関連の相場を見てみますと、

●100~120万画素(720P)のAHDカメラで~¥4,500円

●200万画素(1080P)のAHDカメラで~¥6,000円

●配線30mで~¥3,000円(ジョイントで延長可能)

●配線50mで~¥6,500円(ジョイントで延長可能)

●1080P対応レコーダー(8ch)で~¥16,000円(HDDは別途必要)

2016年7月19日現在の相場。※金額はあくまで目安です。


後は・・・

設置の問題です。

カメラの設置場所からレコーダーの配線をどうするか?
(電源も含め・・・)

自宅なら比較的簡単なのですが、これが広域になると・・・

無線式の防犯カメラもありますが、正直お勧めできません。
また、無線カメラを複数台設置すると、
送受信距離が短くなる傾向にある様です。

無線式防犯カメラは、2.4GHz帯の電波を使っている機器が殆どで・・・
周囲の無線LANの電波と干渉する可能性があります。
(当方の環境下での検証で無線LANが繋がり難い事象がありました。)

それに、携帯ジャーマーなどの機器で電波を妨害できてしまうので
実用的では無いようです。


この他、防犯カメラ自体に録画機能がある機器もあります。
MicroSDに記録するのですが、記録時間が短い点、
録画内容を見るのに設置したカメラを外さないといけない点など
デメリットもあります。


防犯カメラの設置には設置場所、設置方法、予算を考える必要があります。

後は、広角レンズの種類かな・・・(こちらは、要望があれば後にでも・・・ 

以上、参考にしてやってくださいね。
(あくまで参考としてねっ



Viewing all articles
Browse latest Browse all 4918

Latest Images

Trending Articles





Latest Images