Quantcast
Channel: talの独り言
Viewing all articles
Browse latest Browse all 4918

なかなか曲者のタブレット・・・

0
0
少し時間が出来たので・・・

オクで、タブレットを購入してみました。

イメージ 1


中華タブレットのタブレット、COLORFLY E708 3Gです。

SIMフリーのタブレットです。

MTK8382 ARM Cortex-A7 クアッドコア 1.3GHz/メモリ1GB

3G通信対応、ストレージ8GB、Bluetooth、GPS搭載、Android4.2

購入価格は、送料込みで3,700円でした。(訳あり品として・・・)

価格で考えると、そこそこなスペックかと・・・


早速、このタブレットに0円SIMを挿してみましたが・・・
0円SIMの詳細は当方の過去ブログ、
0円SIMサービスを利用予定。” をご覧ください。

通信設定も済ませました。  が・・・


ん!?

SIMは認識はするものの、アンテナマークが青にならない??

これが ”訳あり”の理由??

どうやら、システムを弄らないとダメらしい・・・ 
やはり中華製タブレットは、曲者ですね・・・

と、言う事で朝早く出社してタブレットを弄っていました。

色々調べると・・・
MVNOデータ専用SIMではシステムにパッチを当てないといけないらしい・・・

SMS対応SIMやドコモ・au・ソフトバンクのSIMはそのまま使える様です。

でも、当方が使うのはMVNOデータ専用SIM(SMS無)ですので弄らないと・・・


以下、当方の作業覚書です。


Xposed InstallerとDatasim PatcherをSDカードへ保存。

SDカードをタブレットに入れ起動⇒ファイルマネージャーでアプリ起動。

このタブレットは既にrooted済の様でしたのでそのまま作業に取り掛かります。

①Xposed Installerを起動してフレームワークをインストール。

②フレームワークをインストールしたらモジュールを選択。(Datasim Patcher)

Datasim Patcherを起動してパッチモードを 2.motorolaDROID・・・を選択。

④本体を再起動。

以上、覚書。



これで3G通信が使える様になりました。

当方、メール・WEB検索・LINEが主ですので3G通信で十分なのです。





Viewing all articles
Browse latest Browse all 4918

Latest Images

Trending Articles





Latest Images