Quantcast
Channel: talの独り言
Viewing all articles
Browse latest Browse all 4918

ジャンクノートPCを修繕してみました。

0
0
先日、ジャンクなノートPCを1000円で購入してきました。
完全ジャンク品でした。

内容的には・・・
・電源は入るが直ぐに切れてしまう。
・キーボードが破壊されている。

です。

ノートPCの場合、電源回路の故障で動かなくなる事が多いのですが・・・
電源が入るなら・・・ チャンスはあるかも・・・

って事で分解して掃除をし・・・

メモリーを新しい物に入替えてみました。
すると、BIOS画面まで表示される所まできましたが・・・
しばらくすると、画面がグチャグチャになりフリーズ・・・

この症状は、”チップセットの熱暴走??” と、当たりをつけ、分解を開始。

案の定、CPUとチップセットのヒートシンクの間の熱伝導グリスが
カラカラに乾ききっておりました。

古いグリスを拭き取り(削り取り?)、新しいグリスを塗り再装着。

電源を入れてBIOS画面にしてしばらく放置して様子を見ます。

30分程、放置しても大丈夫な様でしたのでSSDを入れてOSをインストールしてみました。

イメージ 1

無事、インストールが終了しそうです。

パールピンクの可愛らしいノートPC・・・

CPUは、Celeron DualCore T3000(1.8GHz)でしたが
Core2Duo T8100(2.1GHz)へ入替えました。

しかし・・・・




イメージ 2

いったい・・ この子に何があったんだろう・・・・
キーボードが・・・
マイナスドライバーの様な物で滅多刺しされた様です・・・
彼方此方に傷や穴が・・・・

幸い、中の基板にはダメージは無かったのですが・・・

この子のキーボードは、ヤフオクで2,000円位で購入できますので交換可能です。

新しいキーボードが届くまでしばらく保管することにします。




Viewing all articles
Browse latest Browse all 4918